海外FXの会社の選び方 詐欺認定会社の探し方

高レバレッジで利益を出すことができれば資産が増えると言われる人気の副業海外FX、実は国内FXと異なり存在自体が「詐欺」ではないかという認識を持っている人も知るかもしれません。
そういわれる理由は、日本国内の業者のように金融庁に登録していない業者が多いことが不安要素として挙げられます。

確かにインターネットで調べてみると海外FX会社については様々な口コミがあります。
こうした点からすると国内FXと同様安心して取引することが可能な優良会社、財務状況など会社の現状を隠して運営している会社、詐欺目的で設立された会社など様々あるようです。

FXは主に為替相場を主戦場にしているため、昨年から続いている新型コロナウイルスの影響や過去にもリーマンショックなどの国際情勢が直接影響し、そこから経営が悪化する会社も数多く存在します。

劣悪な環境で運営していた会社が突然倒産した場合でも、全額とはいかないまでもある程度の弁済金は支払ってもらえると考えます。

特に注意しなければならないのは、最初から詐欺目的で設立された会社に登録した場合です。
こうした会社は多くの投資家から数百万円以上の資金を集めるだけ集めて担当者が行方をくらましてしまうということがあり得ます。

こうした被害に遭った場合は、海外とのやり取りとなるため、時間や手間がかかります。最悪の場合は多額の資金を失い泣き寝入りという状態に陥る可能性も否定できません。

海外FXで取引をする場合、どのような会社が優良かの見極め方について紹介します。以前にも紹介しましたが、利用者の口コミ確認はもちろんのこと、それ以外にもFXに特化した詐欺認定会社での検索も登録前の必要な手続きとなります。

2005年に設立されたこの会社は、世界各国でアクセスがあり、FXに関する評判や評価、口コミなどの基本的情報やトラブルなどが明確に紹介されていて、詐欺業者の判定までを閲覧することが可能です。

また、セキュリティ対策が万全であることでも知られ、嘘の口コミなどを書いたりしてもすぐに削除され、なりすましやサクラなどが存在しないことや世界中の投資家の意見を聞くことのできる数少ないサイトといえます。

そのため、以前には、現在優良会社とされている会社もライセンスの関係上の理由から、詐欺会社と疑われたということもあります。それだけ厳格な審査がなされていることから投資家の間では信憑性が高いサイトといわれる理由です。

タイトルとURLをコピーしました