レンシ相場とトレンド相場で上手に取引する秘訣を知っておくべき

トレンド相場はスキルが低い初心者でも儲けるのが難しくないから、FXは意外と簡単に儲かる副業なのではと早とちりしやすいです。
しかし、レンジ相場の日が多いという傾向があるのがFXの現実です。
攻略方法を知っておけばレンシ像場に対処できるから副収入を稼げる可能性が高まります。
レンジ相場とは上限付近までレートが上がると勢いが弱くなり、下限に近づくと底硬い動きになりやすいのが基本です。
だからレンジ相場で天井と底に水平ラインを引いておけばどこまで動くかがチャート上でだいたい分かります。

レンジの幅を予測できる場合は、上限近くで売って下限付近まで下がったら買いという投資行動を取ることが理想です。凄く簡単な儲け方と思われるでしょうが、レンジ相場が終わった時に変動幅が大きくなるため、損切の決断をためらわないことを肝に命じて下さい。

ストップロスを忘れないようにすることでレンジ相場のリスクが減ります。
トレンド相場を判別できるようになってがっつり儲けたいから情報商材が欲しい場合には、SNSユーザーからではなくて大手の業者から購入するのが返金詐欺を賢く避けるコツです。レンジ相場で100万円を実際に儲けたから秘訣を有料でアドバイスするといった誘いは嘘っぽいから返金詐欺の危険が大です。

もちろん親切なトレーダーもいるから投資仲間を作って相談をすればトレンド相場になったタイミングを知らせてくれる可能性はあります。
上級者の感覚と経験は貴重だから相談できるならした方が初心者にとってプラスなことが多いです。
レンジ相場は過去のデータで考えると7割ぐらいはあると多くのFX経験者は思っています。
だから、トレンド相場の勝ち方しか知らない人は副収入を増やすチャンスを逃さないためにドル円がレンシで動く時に勝つ方法を習得してほしいです。

現在のドル円がトレンド相場なのかを調べるために使えるインジケーターが移動平均線です。複数の線の向きや傾き方によってどんな相場なのかを分析するやり方です。
例えば、チャートに時間軸の違う2本の移動平均線を引いたとします。
両方の線が上に向いていればレートが上昇する力が強いことが分かります。
だから、ロングをすれば勝てると判断すればいいです。

もちろん2本の移動平均線が出すシグナルはいつも正確とは言えないのですが、投資判断に使えるテクニカル分析の1つということを分かっておいて損はないです。ユーロ円がレンジの時は2つの移動平均線の向きが同じではなくてクロスしていたり、一定の範囲で価格が動きやすいのが特徴です。

タイトルとURLをコピーしました